Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mikana/trendsports.net/public_html/wp-content/themes/Newspaper-child/includes/shortcodes/short-code-tag.php on line 46

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mikana/trendsports.net/public_html/wp-content/themes/Newspaper-child/includes/shortcodes/short-code-tag.php on line 46

日大山形は4年ぶり、17回目の夏の甲子園出場を果たしました!

山形大会の決勝では、山形中央に16―3で大勝し強さを見せつけました。

日大山形高校の選手メンバーの出身中学や過去結果など調べてみました!

日大山形の選手メンバーと出身中学について

登録メンバーのほとんどが山形の中学出身となります。近県では、宮城、秋田がいて、北海道や東京が1名いるかたちですが、基本は地元メンバーのチームです。

1 中 鈴木琉生 3年生 成田中
2 左 後藤 裕弥 3年生 山辺中
3 二 齋藤 史弥 2年生 鶴岡四
4 捕 舟生大地 3年生  真室川
5 一 近藤大成 3年生  高畠一
6 右 石川 陸貢 3年生 真栄
7 遊 鹿野佑太 3年生 山形四
8 投 森田南々斗 3年生 天童一中 
9 三 板坂拓海 3年生 陵東

日大山形の甲子園出場回数と過去の成績について

日大山形は17回目の出場で、かなり多い甲子園出場を果たしています。2013年にはベスト4までいき、あと少しのところで東北に優勝をもたらすことができませんでした。

最高が4年前のベスト4ですので今年は優勝争いができるように頑張ってほしいと思います^^

夏の甲子園の戦歴はこの通りです!

2017年 17回目出場!!
2013年 ベスト4
2007年 2回戦敗退
2006年 ベスト8
1998年 1回戦敗退
1996年 1回戦敗退
1993年 3回戦敗退
1992年 3回戦敗退
1990年 1回戦敗退
1988年 1回戦敗退
1984年 2回戦敗退
1983年 1回戦敗退
1979年 3回戦敗退
1976年 2回戦敗退
1973年 2回戦敗退
1968年 2回戦敗退
1963年 初出場 2回戦敗退

山形大会での結果はこちらです!

2回戦 日大山形 8 – 3 山形電波工
3回戦 日大山形 7 – 0 寒河江工
準々決勝 日大山形 5 – 1 山形南
準決勝 日大山形 5 – 4 酒田南
決勝 日大山形  16 – 3 山形中央

日大山形の注目選手は?

 

監督としてもキーマンとして挙げているのが、2番後藤裕弥君です。

山形大会ではチーム最多の10安打を打ちました。体格としては168㎝、64kgで小柄ほうであるが、自分の役割をしっかりと認識でしっかり仕事をこなす選手です。

初戦は明徳義塾、4年前にも戦った相手でその時は勝利を収めています。名門の明徳が闘志を燃やしてぶつかってきたときに、本来の実力発揮できることがなにより大事ですね。

[blogcard url="http://trendsports.net/%e7%94%b2%e5%ad%90%e5%9c%92-%e6%97%a5%e5%a4%a7%e5%b1%b1%e5%bd%a2%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e5%87%ba%e8%ba%ab%e4%b8%ad%e5%ad%a62017/" titie="甲子園 日大山形の選手メンバーや出身中学は?(2017夏)"]

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here